本文へ移動

第一志望の高校に合格しました!

米子東高校合格
米子東高校合格
 

Y・Mさん(境港第二中学校→米子東高校)

  

今年はコロナウィルスの影響で入試直前に学校に行くことができませんでした。しかし,今まで一緒に頑張ってきた友人と最後まで一緒に若葉で勉強することができました。そのおかげか,本番はあまり緊張せず試験に臨むことができました。私が合格できたのは周りの友人や先生が努力は裏切らないということを教えてくれたからだと思っています。これから良い高校生活が送れるように努力を惜しまず頑張っていきたいです。

 

K・Nさん(後藤ヶ丘中学校→→米子東高校)

 

私は社会の歴史や理科の計算問題が苦手だったので,夏休みからはその2教科を中心に勉強しました。入試当日はそんなに緊張しなかったけど,合格発表の日はこれまでにないくらい緊張しました。だから,自分の番号を見つけたときはとても嬉しかったし,安心したし,これまでの努力が報われた気がしました。入試までたくさん勉強したけど,高校に入ってからはもっとしなければならないと思うので,気を抜かずにいきたいです。

 

K・Rさん(後藤ヶ丘中学校→→米子東高校)

 

受験生になって勉強しようとおもったが,家には誘惑が多すぎる。横を見れば漫画,手にはスマホ,リビングに行けばテレビとお菓子。こんな環境で勉強するなんて難しいだろう。このままではいけないと思いつつも日々を過ごした。そうだ。若葉に行こう。若葉には自習室があるじゃないか。こうして私は連日若葉に通い,合格を手にした。

 

H・Rくん(後藤ヶ丘中学校→米子東高校)

 

受験が終わり振り返ってみると,勉強と部活の両立ができた充実した中学生活だったと思う。陸上部と駅伝部に所属していて,10月半ばまでの活動があったが,若葉の夏期・冬期講習などを活用して,集中して受験勉強に取り組めてよかった。これからも何事にも前向きにがんばっていきたい。

 

S・Dくん(加茂中学校→米子東高校)

 

僕が受験勉強をしていく中で特にうれしかったことは,最初は苦手であまりできなかった国語ができるようになったことです。毎回の模擬試験で差がつく国語の問題の解き方がわかるようになり,早い時間で文章を理解できるようになったのでよかったです。

 

M・Hくん(加茂中学校→米子東高校)

 

米子東高校に進学できて大変嬉しく思います。普段家ではほとんど勉強をしなかった私ですが,若葉に入ってからというものの勉強の習慣がつき,今まで無駄に過ごしていた時間も有効に使うことができるようになりました。先生の指導も的確で,成績はグングンと上昇しました。米子東高校に入学しても若葉を続け,素晴らしい先生とともに力を磨き,充実した高校生活を送れるようにしたいです。

 

M・Sさん(大山中学校→米子東高校)

 

入試を終えて,勉強を頑張ってきて良かったなと思いました。私は最初英語と数学が苦手でした。だけど若葉にきてから,難しい問題をやっていくうちにだんだん分かるようになってきました。そして入試の本番では英語で一番良い点数を取ることができました。めんどくさくてやめたいなと思うこともあったけど,合格することできて,頑張ってやってきてよかったと思います。

 

S・Hさん(弓ヶ浜中学校→米子東高校)

 

私は将来大学に進学したいと考えているので,進学校の米子東高に入りたいと強く思っていました。学年が上がるにつれて勉強がどんどん難しくなっていったけれど,塾での予習や勉強会など,1つ1つの機会を無駄にせずに努力できたと思います。本番から発表まで不安でしたが,合格とわかってすごく嬉しかったです。今まで周りの人が支えてくれたことを忘れずに,高校でも頑張ります。

 

S・Yさん(後藤ヶ丘中学校→米子東高校)

 

初めての受験だし,たくさんいろんな不安がありました。どんなふうに勉強したら自分が成長するのかとても悩みました。毎日朝から晩まで一日中勉強していて,正直本当に嫌になるときもあったけど,少しだけ勉強することが楽しく思えたし,勉強が好きになりました。高校に受かって,ずっと勉強してきてよかったと心の底から思えました。改めて毎日欠かさず勉強することは大切だと思いました。高校も全力でがんばりたいです。

 

O・Kさん(弓ヶ浜中学校→米子東高校)

 

私は大切な夏休み中も部活のことを考えていて,周りの人よりもスタートするのが遅かったです。部活を引退してからは,その差をうめることができるようにがんばりました。苦手な教科で問題が解けず,あきらめかけたときもあったけど,直前までがんばって受かることができました。私は内申点にとても助けられたので,これから受験をする人は,毎日の授業もがんばってほしいです。

 

K・Sさん(弓ヶ浜中学校→米子東高校)

 

私は中学3年生のときから自習室を使うようになりました。家庭学習ではこなせなかった勉強量も,みんなが机に向かって一生懸命勉強している自習室ではこなすことができました。若葉で過去問をたくさん解いたおかげで,入試への不安がなくなり,自信がつきました。入試本番では苦手だった国語や社会でつまづくことなく解くことができ,合格することができました。

 

W・Yさん(加茂中学校→米子東高校)

 

東高に合格できてとても嬉しいです。受験勉強はとても大変だったけど,わからないところを丁寧に教えてくれて仲良くしてくれた若葉の友達や,4月から最終日まで学力を伸ばして下さった若葉の先生たちに支えてもらったおかげで諦めずに頑張れました。感謝の気持ちでいっぱいです。本当に若葉に通ってよかったと思いました。

 

S・Hさん(箕蚊屋中学校→米子東高校)

 

私は模試でC判定やD判定ばかりで,正直東高に行くことを諦めかけていました。しかし,若葉の先生や家族が背中を押してくれたおかげで,諦めずに精一杯頑張ろうという気持ちで毎日朝から夜まで若葉の自習室に通い,受験勉強にはげむことができました。毎日先生方からもらう応援の声がとても力になり,最後は自信を持って入試に挑めたことが本当に自分にとって良い経験になったと思います。これからも諦めずに頑張り続けます。

 

S・Kくん(福生中学校→米子東高校)

 

受験当日,会場にいる人たちが全員自分より賢そうに見えてとても不安だった。しかし自分を信じて集中して取り組めば,いつの間にか緊張はなくなり,良い状態で問題に取り組むことができた。無事合格が決まったときは,今まで頑張ったかいがあったと感じるとともに,今後は今まで以上に努力しようと決意した。

 

W・Yさん(淀江中学校→米子東高校)

 

私はとにかく基礎を理解して,応用問題,学診,過去問等を何度も解き直しました。途中,続ける気がなくなることもありましたが,自分をさらに成長できるよう頑張りました。分からなかったことを自分で考え理解することで,嬉しさや興味がでるようになり,自分から学びたいという熱意に変わっていきました。人生の中での1年だけど,その1年で自分の人生が大きく変わることを知りました。

 

M・Rさん(箕蚊屋中学校→米子東高校)

 

冬期講習が一番良かったと感じました。英語では長文読解,数学では融合問題など,自分の苦手なものばかりだったので,それを克服する機会になったと思ったからです。自分の苦手だったところを少しずつ分かるようになったら,もともとできていた部分の理解もより深くなりました。でもずっと不安はありました。一問でも間違えたら「自分はもうダメだ」とすぐネガティブになり自分を責めました。でも逆にその不安のおかげで勉強が頑張れました。

 

K・Aさん(尚徳中学校→米子東高校)

 

私は休みの日には若葉の自習室に行って勉強していました。家よりも集中できるし,自習室を使用している人の勉強している姿を見ると,自分も意欲が湧いてきて,頑張ることができました。しかし,勉強や模試の結果で少しつまづいてしまい,自信がなくなってしまったこともあります。でもそんなときに,ともに頑張っている若葉の友達が暖かい声をかけてくれて,また頑張ろうと思えるようになりました。そうやって支えてくれたひとがいるからこそ,私は希望する高校に行くことができました。

 

A・Mさん(箕蚊屋中学校→米子東高校)

 

私はもともと西高を志望していました。しかし3年生の10月頃になっていろいろ悩み,先生や家族に相談に乗ってもらい東高を受験することにしました。志望校を決めてからは今までにないくらい勉強しました。定期テストも学診も点数がぐんぐん伸びました。最後は力が付いているかどうかが数字で見えず不安でしたが,何とか合格できました。今まで支えてくれた人に感謝したいです。
 
4
0
9
4
6
4
TOPへ戻る