本文へ移動
東京学芸大学合格
東京学芸大学合格
 
(東京学芸大学 教育学部 学校教育系 初等教育教員養成課程 進学)
 
  桑本 倫季さん(米子東高校出身)
 
「結果がすべて」受験勉強で最後に求めるのは結果です。
 
 1年間の浪人、受験生活を通じて、身を以て感じたことは、「結果がすべて」ということでした。僕はどれだけ一日中勉強しても、模試や入試で結果がでないと意味はないと思う。どんなにきれい事を言っても、僕が一年間求め続けたのは結果でしかない。イズムの先生方が作成してくださったテキストやプリントから知識や思考を自分の中に取り込み、自分の学びを白紙に書く。そして、学習内容のすべてを投げ出さずに理解する。まるで、大事な物を愛おしむように。僕が一年間、受験勉強を経たことが結果である。重要なのは物事の本質を掴むことです。イズムで良かった。
 
(米子東出身)本田 桃子さん
 
 浪人生活を始めるにあたって、私はまず一年間の計画を立てました。何月までにどんな力をつけたいのかを考え、そのためには何を何回反復すればよいのか、できるだけ明確に計画を立てるようにしました。授業の予習、復習をして自分の計画したことをやりきろうと思ったら、自習室にこもるのが普通になりました。イズムの自習室は朝早くから夜遅くまで使用できるため、イズムには自分にとって勉強する環境が整っていたと思います。このような生活を繰り返すことで、一年間生活リズムを崩すことなく過ごせたのだと思います。    
 
 
(米子東出身)神田 なみほさん
 
 私は一浪することが決まったとき全ての教科を一から復習することにしました。復習をしていくなかでつまずくことがあっても、イズムではすぐに先生たちに質問することができる環境にあったので、そのときに疑問を解決することができ、スムーズに復習を進めることができました。授業ではクラスがレベル別で分けてあり、自分の力に合った授業を受けることができたので、模試の結果などでレベルが上がると自分の力が上がったことを実感することができ自信に繋がりました。イズムで1年過ごせて本当に良かったと思います。                         
                 
 
4
0
9
4
6
4
TOPへ戻る