本文へ移動
鳥取大学(医)合格
鳥取大学(医)合格

(米子東高校出身)Kさん

 私はイズムで楽しく授業を受けることができました。特に数学の授業は毎回楽しみで、課題にもきちんと取り組み,共通テストでは昨年よりも大幅に点数を上げることができました。同じ目標を持った友人と切磋琢磨し、初めから最後までブレずに目標に対して向かい続けられたことはとても大きかったと思います。不安なことも多い大学受験ですが、経験豊富な講師陣と志の高い友人のいるイズムで本当に良かったと思います。 


(米子東高校出身)Mさん
 浪人生活において特に意識したことは,継続的に勉強するということでした。日々メリハリをつけ,講義のない日でも自習室に通い,課題や弱点を分析して,積極的に質問や添削をお願いしました。合格を勝ち取るには強い信念を持つことが大切だと思います。共通テストで思うように得点できなかったのですが,これまでの学習で得た確かな感覚と志望校への強い気持ちを頼りに,迷わず対策を進め,逆転合格が出来ました。


(米子北高校出身)Nさん


 私が受験を突破する上で役に立ったのは、「ハイレベル理系数学」です。この講座では難関大学の入試問題を用いて授業を進めていくのですが、先生が丁寧に解説をしてくださるため、たとえ初見では解けなかったとしても、解説を参考にして復習を重ねるにつれて数学を本質的に理解することができ、数学力の向上につながりました。



(米子東高校出身)Aさん


僕は部活を引退してからは若葉の自習室にほぼ毎日行って勉強しました。自習室には様々な大学の赤本があり,多くの種類の問題を解くことができました。また,若葉の先生方はとても分かりやすく問題の解説をしてくださったり,授業以外でもフレンドリーに接してくださったりと精神的にも支えてもらいました。このような環境で勉強できたことが合格できた要因の1つだと思います。勉強していく中で模試の成績が上がらず,落ち込んでしまうこともあると思います。ただそんな中でも自分を信じて,毎日継続して勉強することが大切です。

 

 

(米子東高校出身)Kさん

 

イズムは、私にとって自主学習の場として最適な環境でした。毎日夜遅くまで勉強に専念できて、何かわからないことがあればすぐに質問することができるという環境は、合格への大きな足かがりになりました。また、どの講義もわかりやすく、丁寧に教えていただき、自分の力をより一層伸ばすことができました。受験において、とにかく重要なことは、努力を継続していくことだと思います。安易な妥協をせずに、地道に努力し続けることが、受験において大きな自信となりました。1年間ありがとうございました。  

 

 

(米子東高校出身)Kさん
 
現役の頃、勉強に関して劣等感を持っていた私は、満足できるほどの実力を持ち合わせてないまま受験し、不合格にも納得できるほどでした。イズムに入学したことで私の意識は大きく変わりました。
今までは苦手な部分から目を背けがちでしたが、イズムの先生方の授業は興味深く、苦手な部分も分かりやすく解説して下さったので、長年、不得意だった分野を克服することができました。また、一人で悩んで二進も三進も行かなくなることが多かった私ですが、イズムは周りの友達と支え合う機会が多くあるので、辛いと思っていた生活も本当に楽しく、実りあるものとなりました。
私にとって、この浪人生活は人生においてとても意味のあるものでした。
 

 
(米子東高校出身)Kさん


 勉強には、正解が1つではありません。だから、これからどのように勉強していけば良いのか、何をやれば良いのか、迷うことが多々あります。そんな時に私を導いてくれたのがイズムでした。イズムの授業を受ける中で、自分に足りないものを知り、それを克服することができ、さらにどんな勉強していけば良いかが見えてきました。だから、迷った時はイズムの授業を、先生方を信じてついていけば、きっと自分に必要なもの、やるべきことが見えてくるはずです。私はそれを中1から高3までの6年間続けました。それが私を合格へと導いてくれたのだと思います。
 
 
(米子東高校出身)Tさん

 僕が二次試験で使うことになった数学と英語の学力は、ほぼすべて中一から通っていたイズムで培われた。僕が医学科に受かることができたのは、どんな難問にも思わずうなってしまうような素晴らしい解説を用意していらっしゃる先生方の解説を聞き、思考の流れや解き方を吸収できたからだろう。また、僕は部活を6月末まで続け、帰宅部の人との差を思い不安を感じていたが、入試に必要なことを最短で、分かりやすく的確に教えてくださったことも大きな要因だ。自習室利用中に分からないことがあればすぐに的確な答えをくれる先生がいらっしゃることも強みだ。

 

 

(米子東高校出身)Nさん

 

 意志が弱く自宅ではなかなか集中して勉強することができなかった僕が志望大学に合格できたのは,イズムの自習室で仲間と一緒に勉強を続けられたからだと思う。部活を引退してからは,ほぼ毎日10時半まで自習室で勉強した。集中が切れそうになった時は勉強に没頭している友達を見て気を引き締めたし,時には談笑して息抜きをした。先生方には,授業以外でも,質問に丁寧に答えていただき,二次対策もきめ細かく指導していただいた。イズムに通って,熱心に指導してくださる先生方や,支え合って共に学ぶ友達に出会えたことに本当に感謝している。

 
 
(米子東高校出身)Tさん
 
 現役の時、医学部を受けることを決めた私は、同時に浪人の覚悟もしました。思った通り、現役のときは不合格でしたが、来年こそはという思いで浪人生活を始めました。浪人することになる理由は、ひとそれぞれかも知れませんが、目標をしっかりと定め、それに向けて努力を続ければきっと合格できると思います。先生方のアドバイスをただ聞くだけでなく、自分なりの計画を持って欲しいです。受験当日、自分を落ち着かせるのは今までの自分の努力だと思います。来年の春、みなさんに満開の桜が咲きますように。
 
 
(米子東高校出身)Aさん
 
 高校の数学は自分がこなした問題の量がものを言います。しかし、国語と英語はそれだけではなく、自分の覚えた知識が武器になります。その意味でイズムはとても良い環境です。先生は授業で出てくるポイントと、覚えるべきことを教えてくださいます。それを覚えればいいので、自分で調べる必要はないのです。それに静かな自習室で集中して問題演習をすることができます。自習室では自分のペースで勉強できるし、休憩してホールで友だちと談笑することもできます。イズムで勉強できて本当に良かったと思っています。
 
 
(米子東高校出身)Mさん
 
 私が考えるイズムの良さとは、自分で時間割を決められるということです。たとえば私の場合、理系であったにも関わらず、いっさい理系科目の授業はとらず、苦手である文系科目の授業だけをとるというように。受験を制するためには、苦手科目の点数を延ばすことを考える方が大切です。このことは至極当たり前のことのようですが、実際に行動に移せている人は多くはないと思います。イズムには魅力を感じます。浪人を考えている方々はぜひイズムのことを考えてみてください。

5
2
2
1
6
5
TOPへ戻る