本文へ移動

Q 中学3年生にはどんなクラスがありますか。

A 中学3年生には2つのクラスがあります。

高校合格を一番の目的として、学校の成績を上げるための5科目指導
1.目標達成型・習熟度別クラス
 

安心の5科目予習指導 
学習効率をアップさせるAI学習 
大学受験で必要な論理的思考力
「3つの勉強スタイルを融合」
2.LC(Logical Communication)クラス

Q 目標達成型・習熟度別クラスはどのような内容ですか。

A 高校入試に向け、内申点を重視してがんばるおすすめのクラスです。












目標達成型・習熟度別クラス
 
「ポイントをおさえた入試対策」
「予習を徹底した内申対策」

志望する高校別に5科目を指導するクラスです。
(1週間あたり 英語3時限 数学3時限 国語・理科・社会 各1時限ずつ)
 
 
●内申点アップのための3年生の内容の予習・復習が中心です。
 
不得意科目は絶対につくりません。
 
指導後はさらに60分無料補習も受けられる万全のシステムです。
 
年度当初は習熟度別にクラス分けをします。
 
●内容に応じた3つのクラスを選べます。 
 
① A(advanced)クラス 
  米子東志望の応用演習型
        
② S(standard)クラス   
  米子東・西・高専志望の目標達成型
 
③ B(basic)クラス 
   米子西・県立志望の標準基本型
 
※クラスは若葉のテストなどによって定期的に変動します。
 
●オリジナル英数テキストについて
 若葉では学校で使用する教科書にあわせて、すばらしいテキストを独自に作っています。
 
数学は年間100枚のテキストを解き、理解します。
 
英語は教科書「サンシャイン」に準拠した内容で、しかも楽しいカラー版です。
 
このテキストは通学している生徒にだけ利用してもらうもので、きわめて評判の高いものです。どことくらべていただいても、内容や指導力において絶対に負けません。
 
●授業の進め方
 教科書の予習が中心になります。スタートからどんどん進みます。
 
①若葉では中学校の予習指導をします(1単元先を行くイメージです)。
 
②教科書に沿った基本問題から応用問題までどんどん解きます。
 
③授業は競い合い、努力の意識を高める一斉授業ですが、授業後1時間と毎週土曜には個別で補習を行える時間を設けています。無料です。この一斉と個別のベストミックスで、合格を目指します。
 
④毎月、単元末のテストを行います。
 
⑤採点後、ご家庭にご報告します。
 
⑥若葉の授業やテストの後に中学校の授業やテストがあります。
 
⑦中間テスト、期末テスト前には特別カリキュラムで中学校別に備えます。
 
理想的な予習・復習のサイクルが、若葉→中学校 で作り上げられます。
 
若葉は中学校からほぼ1か月程度先行しています。
 
無理なく理解させたあとは、どんどん問題を解かせます。
 
先を見据えたこのサイクルが取り組む意欲を育てます。安心してお預けください。
 

Q LCクラスはどのような内容ですか。

A 知識を土台として、論理的に考える力を身につけます。英語・数学にはAI指導も導入しました。












LCクラス
(ロジカルコミュニケーションクラス)
 
(科目) 英語・数学・国語・理科・社会 
プラス AIを活用した数学・英語指導
(1週間あたり 英語3時限 数学3時限 国語・理科・社会 各1時限ずつ)
 
(定員) 20名限定
 
このクラスにについて、担当者からくわしくお話しをさせていただきたいと思います。
ぜひ一度ご来校いただけ願えますか。 
米子校舎電話番号(33)3471 
 
●AI学習について
安心の5科目指導クラスの内容にプラスして、 AI学習を数学・英語に導入しました。AIの得意分野の1つは大量データの分析です。人間の力ではとても時間がかかり、不十分になってしまうことを、AIを使って補っていきたいと思います。 例えば、つまずきの原因となった単元などをスピーディに探し出し、各個人に合った問題や動画解説をAIで取り出すことができます。AIを使って得られる正確な現状分析と効率的な解決策。成績を上げるために有効だと思いませんか。もちろん、AIには限界があります。指導するのは個性豊かな講師陣。AIをうまく活用しながら、学びの楽しさを伝えていきたいと思います。

※ 申し訳ありませんが、個人で1台のiPadを使用します。各家庭でお子さん用にiPad1台をご準備ください。最新のiPad 32GBのものです。

●ロジカルコミュケーションについて
「論理的思考力」や「説明能力」を鍛えることを目的にした、大学受験を意識したクラスです。
 
「読んだ」「聞いた」ことを自身で考え、理解します。それを「書く」「話す」という作業でわかりやすく伝えることを目標に置きます。 
 
毎月の若葉のテキストを、はやめに片づけた上に、論理力を鍛える指導を行います。
 
論理力増強と言われると文系のように思われるでしょう。しかし若葉では、国語と数学を連携させ、論理力を高めることをで、難題に立ち向かう力を養う、理系型の生徒をつくりだすクラスを作りたいと考えました。
 
そのため20名限定のクラスとし、進みの速さから、ハイレベルクラスと位置付けました。これからのスタンダードになるクラスと位置付けています。
 
すべての土台となる国語力への注力
数学は読解問題に挑戦
英語はリスニング・表現力に重点
さらに、理科・社会もしっかり指導します。
 
ロジカルコミュニケーションとはわかりやすく「受け取る」、そして「伝える」ための方法です。
 
これは、今後の大学受験で問われる力です。大学受験改革の動向は揺れ動いていますが、ロジカルな思考力を磨いておくことは欠かせません。
 
大都市では小学生から高度な論理力を試すような受験が行われています。時代の変化に対応します。
 
●各教科の指導方針
 数学の時間は中学校の予習をもちろんを基本にします。難しい問題にも、まず挑戦する気持ちを持ち、いまある知識と読解力で、自分なりに考えます。そのあと、他の生徒と考えを共有し、答えまでたどり着きます。自分の考えをわかりやすく伝えるプレゼンテーション能力を高めます。iPadも役立ちます。
 
英語の時間はこれからの大学受験で比重が大きいリスニングに力を入れます。センター試験では(リスニング50点+筆記200点)であったものが、次年度の共通テストでは(リスニング100点+筆記100点)となり、リスニング能力が大切になります。iPadをここに多用します。1年生の最後には、英検3級を受験します。ここが最初の目標です。

国語の時間では、論理的な考え方を徹底的に鍛えるために、多読し、感性を高めることと平行して、受験のテクニックを磨きます。iPadを使って本を読み、映像をみて、自分の考えをまとめます。

理科・社会の時間は、自然・物理現象や社会の出来事の因果関係などを論理的に学習していきます。「なぜそうなるのか」という視点で考えることが、覚えたことを現実問題に活用させる近道となります。
 
iPadはロジカルコミュケーションを育てる有効的な道具となります。例えば、宿題の配信や解答の相互通信などに使用します。
 
※ iPadは各ご家庭でご準備いただく必要があります。最新のiPad 32GB以上をお求めください。
 

Q 若葉ではテストがありますか?

鳥取県高校入試統一模試 米子会場(ビッグシップ)2018年
 
高校入試にそっくりの5科目250点満点の高校進学模擬試験を年間5回実施します。
 
結果はグラフ化され、弱点や高校受験の目標が見えてきます。
 
現在の偏差値での高校合格可能度も表示します。
 
またその目標まで何点足りないかが一目でわかります。
 
結果により、個別3者懇談を年間数回実施しています。
 
また、高校入試説明会を年間2回実施します。
 
若葉は模擬試験のデータからもしっかりとした受験指導ができる塾です。
 
さらに月に1回、習熟度テストを行います。
 
若葉は予習学習をしています。
 
若葉で勉強する→中学校で勉強する→若葉でテストをする→対策をして中学校のテストを受ける。このサイクルが成績をもっと伸ばします。
 
中学校は単元ごとにテストがあるわけでなく、中間・期末にまとめてやります。
 
当然範囲は広く、短期間で準備をするには時間も足りません。
 
普段から確認テストを怠らず、苦手をつくらないことこそが重要です。
 
そのため、若葉の月例テストはもっとも重要なツールとして位置づけられています。
 
もちろん100点をとることは素晴らしいことです。
 
でもできないことを叱るためにテストをするのではありません。
 
合格点は70点です。
 
のこり30点をきちんと復習して、中学校の授業に臨むためのテストです。
 
若葉のテストは意識的に少し難しく、量を多くしてあります。
 
それだからこそ、中学校での授業でも自信が持てますし、中学校のテストで「わからない」ということが少なくなります。
 

Q 個別の補習はありますか。

 
授業後 21:30~22:30

土曜日 15:00~17:00
 
別途に費用は必要ありません。
 
少しわからなかったから教えてほしい、もっと問題をときたい、そんな希望にこたえます。
 
定期テスト前には別途に日程を設けて対策を行います。
 

Q 2022年度の時間割を教えてください。


目標達成型・習熟度別クラス 
 
(曜 日) 月曜・水曜・金曜 週3回
 
(時 間) 19:10~21:30
 
(ク ラ ス) 3クラス設定です。
ご入学のときにご希望のクラスをお伺いします。
クラス変えは若葉や学校の成績をもとにして、年間に何回か実施します。
 
 A 応用 米子東志望
 
 S 標準 米子東・西・高専志望
 
 B 基本 県立志望 
 

LCクラス  
 
(曜 日) 火曜・木曜・土曜 週3回
 
(時 間) 19:10~21:30
 
(定 員) 20名限定のクラスです。
 

Q 通学バスが走っていますか?

 
米子校舎からは市内各方面、日吉津、大山町方面に走っています。

○外浜・大篠津・和田町・富益・夜見町・河崎コース
○大山口・淀江・皆生・上福原コース
○尾高・河岡・上新印・古豊千・熊党コース
○観音寺・車尾・陽田町・錦海町・祗園町コース
○葭津・崎津・大崎・彦名・河崎・安倍コース
○新開・皆生・日吉津コース
○三柳・福原コース

 
一覧にないコースは窓口でおたずね下さい。

Q 入学費用を教えてください。

 
●入学金
11,000円 税込 
入学時1回のみ ご兄弟のご入学は免除
 
●毎月の授業料
目標達成型・習熟度別クラス
22,000円 税込・月額
 
LCクラス
25,300円 税込・月額
(授業料22,000円 + AI教材使用料3,300円)
 
授業指導・個別補習を含めた1ヵ月分の授業料です。
 
窓口で簡単な申込用紙をご記入いただきます。
          

Q そのほかの費用を教えてください。

 
●教材費+家庭連絡費用+保険料 
年間20,000円程度(税込)を予定しています。
 
●模擬試験受験料 (年間5回実施) 
年間16,400円(税込)です。

入学される月により異なります。
 

Q 入学のご予約・体験授業のお申し込みについて

 
2022年新年度クラスの募集について

2月16日(水)より受付を開始いたします。

申し込みフォームから入学予約・無料体験授業のお申し込みができます。
 
お電話でも受付いたします。
 
(米子校舎 電話番号) 33-3471 
 
お申し込み後、体験の日程やご入学手続きの流れなどをお伝えいたします。
 
ご入学後は、通学開始前に説明会にご参加いただきます。
 
1年間の指導方法・内容などを詳しくご説明いたします。
 
4
5
1
8
3
5
TOPへ戻る